大会長挨拶
 
大会概要
 
会場アクセス
 
演題応募要項
 
リフレッシュセミナー
 
3月25日
開催中止のお知らせを掲載しました

2月1日
ホームページを公開しました

大会長挨拶

第209回公益社団法人日本口腔外科学会関東支部学術集会
大会長 里見貴史
日本歯科大学生命歯学部口腔外科学講座 教授

 このたび、第209回公益社団法人日本口腔外科学会関東支部学術集会を日本歯科大学生命歯学部口腔外科学講座が担当させていただくこととなりました。私にとっても日本歯科大学関係者にとっても、たいへん名誉なことであり、このような機会を与えていただきました日本口腔外科学会関東支部の理事、代議員ならびに会員の先生方にこの場をお借りして心より感謝お礼申し上げます。
 私ども大学の主催となりますと、平成11年の第168回日本口腔外科学会関東支部学術集会を旧第一口腔外科学講座(白川教授)が担当してから、じつに21年ぶりとなります。さらに今年は、TOKYO 2020オリンピックイヤーであり、この記念すべき年に歴史と伝統ある日本口腔外科学会関東支部学術集会の大会長を拝命したことは誠に光栄に存じますが、同時にたいへん身の引き締まる思いです。
 会期は2020年(令和2年)5月16日(土)、会場は日本歯科大学生命歯学部九段ホールといたしました。
 また、第124回歯科臨床医リフレッシュセミナーを学術集会終了後に開催いたします。リフレッシュセミナーの講師は、日本歯科大学副学長 生命歯学部 発生・再生医科学講座の中原 貴 教授に「再生医療と歯の細胞バンク~新たな医歯連携と多職種連携~」と題してご講演頂きます。
 充実した関東支部学術集会になるよう講座スタッフ一同鋭意準備を進めて参りますので、会員の皆様方におかれましては何卒ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 多数の皆様のご参加を心よりお待ちしております!